爽やかな差し色とアートがポイントの
ナチュラルグリーンコーデ

ナチュラルな雰囲気をベースに、差し色としてグリーンを使用した爽やかなワンルームコーディネートをご提案します。
ウッドやラタン素材、アートを感じるアイテムを取り入れることで、トレンドの韓国インテリアライクに仕上げました。

コーディネートのポイント

ベッド周りはさりげない差し色で爽やかに

ホワイトをベースにシンプルにまとめたベッド周りには、さりげない差し色やアートを取り入れることでトレンド感をプラス。 壁を飾るファブリックポスターと、遊び心のあるアートクッションをアクセントに取り入れました。
トーンを抑えた色味で揃えることで、大人っぽく落ち着いた印象に仕上がります。

定番カラーのベッドリネンにはマルチカバーで差し色を

◆アースカラー ブランケット(ヘリンボーン)

ベッドリネンはシンプルで清潔感あるホワイトをチョイスしましたが、単色だとやや味気ない印象になってしまうもの。
そこで、落ち着いたトーンのグリーンを、マルチカバーで取り入れました。
ヘリンボーン柄が、シンプルながらおしゃれで存在感あるアイテム。
鮮やかすぎないアースカラーで、やり過ぎ感なく色味を取り入れるのがトレンド感◎!

アート感あるアイテムでお部屋をランクアップ

◆アンリ・マティス アートクッションカバー

ベッドサイドに置くクッションは、アート感のあるアイテムで遊び心とトレンド感をプラスしてみましょう。こちらは19世紀フランスの画家、アンリ・マティスの作品。モノトーンなので派手過ぎず、インテリアに取り入れやすいのが嬉しい。
「アートを取り入れよう!」と思うとハードルが高く感じられるかもしれませんが、アートプリントの小物なら、手軽に取り入れることができますよ。

テーブルにはナチュラルなトレンド感を

テーブル周りはホワイトをベースに、韓国インテリアのキーアイテムであるラタンを取り入れてトレンドライクに仕上げました。
イエローが鮮やかなレモンツリーを飾れば、お部屋のシンボルグリーンになること間違いなし。

レモンツリーで爽やかな風を吹き込んで

◆フェイク レモンツリー

ナチュラルなインテリアといえば、観葉植物も欠かせません。
チューリップなどの切り花やドライフラワーが今のトレンド王道ですが、今回は少し遊び心を入れてレモンツリーをチョイス。グリーンの葉と鮮やかなレモンイエローのコントラストがパッと目を引き、夏らしいお部屋のアクセントになります。
フェイクグリーンなのでお手入れも簡単、手軽。

お部屋が一気に垢抜けるラタンチェア

◆折り畳み ラタンチェア

トレンドライクなお部屋を作るなら絶対に持っておきたい、ラタンアイテム。
こちらのラタンチェアは、折り畳み可能で機能性も抜群なのが嬉しいポイント!
ナチュラルな雰囲気がかわいく、お部屋をぐっと今風にしてくれる優秀アイテムです。おうちカフェにもぴったり。
ナチュラルなカラーのクッションやマルチカバーを掛けて使ってもおしゃれです。

壁面を生かしたアイテムで余白もアートに変える工夫を

スペースが限られる一人暮らしだからこそ、壁面スペースも有効活用!
突っ張り式のウォールラックやウォールデコアイテムなら、初めてでも気軽にチャレンジできます。
壁際に吊るすタイプのハンギンググリーンは、フェイクのものを使えばお手入れも簡単。枯れる心配もありません。
こだわりのアイテムで、自分だけの空間づくりを楽しんで。

突っ張り収納は一人暮らしの強い味方

◆突っ張りラック5段 幅70cm

デッドスペースになりがちな壁面の空間を有効活用できる、突っ張り式のウォールラック。収納としてもディスプレイとしても使える優れものです。
床と天井の間に突っ張り式で設置できるため、壁に穴を空けず、床や天井も傷つけることなく設置できます。賃貸でも手軽に取り入れられるのが嬉しい!

アートやハンギンググリーンで壁面の余白を埋める

◆ピカソ 壁掛けアートボード

賃貸のお部屋は白一色の壁紙が多く、そのままだと寂しい印象になりがち。そんなときは、壁の余白を埋めてくれるウォールデコアイテムが役立ちます。
さりげなく取り入れやすいアートボードは、ピカソの「平和の鳩」。壁に掛けるだけで、シンプルな壁面をリッチに底上げしてくれます。
モノトーンのシンプルな中にどこか温かみを感じるアートが、あなたのお部屋をぐっと垢抜けさせてくれるかも。

使用したアイテム

前へ
次へ